「太陽とヘミングウェイ」の歌詞 今井美樹

2015/3/1 リリース
作詞
布袋寅泰
作曲
布袋寅泰
文字サイズ
よみがな
hidden
みなみしまだれもいない浜辺はまべ
しずかにながれる くもつめながら
つめたくえた ラムコークんで
太陽たいようまぶしさで こころきつくしたい

ひかりかぜ 素肌すはだびて
なみおとに そっとかれて

どこまでもつづ水平線すいへいせん
てしなくあおそらがあれば
なにもいらないわ それだけでいい
孤独こどくさえきしめておどりましょう

ちいさなゆめをひとつずつかなえる」
自分じぶんちかって 最初さいしょ冒険ぼうけん
ポケットにそっと わたし大好だいすきな
物語ものがたりしのばせて はじめての一人旅ひとりたび

ガイドブックにのらないしま
かぜのように そっとエスケープ

キラキラとひかぎんうみ
つめてるだけで たされるの
からまったこころ きほぐして
いまはただ潮騒しおさいたわむれたい

太陽たいようとヘミングウェイ…そしてわたし
あふれる情熱じょうねつ むねめて
なみだいとしい運命うんめいなら
孤独こどくさえきしめておどりましょう