「愛の詩」の歌詞 今井美樹

2005/7/27 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
川江美奈子
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしたら しあわせを
このにできるでしょう
にぎりしめたはずなのに
また ゆびをこぼれてく

ひとはみな づかずに
おも荷物にもつ背負せおって
わりないとおみち
ただ一人歩ひとりあるいてる

いま、 かなしみの中見なかみえるものがある
いつか、 やさしさに姿変すがたかえるときがくる
なみだあふれ うしなっても
あなたの こころはなない

どれだけのさみしさや
おもいをてただろう
きるほど彷徨さまよい、また
自分じぶんよわさを

さよならをするために
だれもが めぐりうなら
それでもなお おな笑顔えがお
もう一度出逢いちどであいたい

いま、 そのうつるものは なんですか
たったひとつだけの大事だいじなものならば
おそれないで…
めてた こころをほどいてあげよう

あいり、 あいにくみ、それでもあいしんじたい

かぜやまないよるえてあるいてゆく
たった一度いちどだけの人生じんせいげないで
なみだあふれ きずついても
あなたの こころはなない