「MARTINIQUEの海風」の歌詞 今井美樹

1994/9/2 リリース
作詞
今井美樹
作曲
坂本龍一
文字サイズ
よみがな
hidden
みじかかげうつ砂浜すなはま
真夏まなつ陽射ひざびている
まぶしいほどの
ぬける青空あおぞら
何故なぜむねをしめつけるの
むせるくらいに
あつ空気くうき
体中からだじゅうまとわりついて
あせばむようにこころいたみが
ながれだしてゆくわ
はなれること必要ひつようだった
くあてはなにもないけど
2人ふたりつつ
まった時間ときから
ただげたかったの
うみからそよぐかぜ
やさしくすりける
いつか あなたのうで
かれたときのように

あなたのゆめ
あるいてゆくの
そんなおもいにしばられて
わたしはどこへ
かっているのか
えなくなっていた
ゆれるひかりなか
こころけてゆく
ふかくむすばれていた
笑顔えがお日々ひびのように
それぞれにつめる
明日あした未来図みらいず
自分じぶんのインクで
えがいてゆくの
いまでもあいしてると
こころからおもうの
えない時間じかんなか
自分じぶんった
うみからそよぐかぜ
やさしくすりける
けれどあなたのやさしさ
もうたないとめた