「この雲の果て」の歌詞 今井麻美

2013/11/27 リリース
作詞
今井麻美
作曲
濱田貴司
文字サイズ
よみがな
hidden
そっとかくしたなみだ ずっとれてるなら
きっとボクらはまだ なにらないままでいい

しんつづけることが もっとめるなら
そう革命かくめいあかりちかづいてるとづいた

期待きたいはずれの世界せかいながされ くしたつばさたちとよみがえぶさ

このくろくもてまで きずついた身体からだふるわせながら
だれ辿たどいたことのないへ はじまりのあさ

やっとうごした ボクらの世界せかい
ふっとえてしまった りないなにかをさが

ぐっとにぎったひらいてみたら
まもるべきものらが ここにあったとづいた

いましんじて うたがうことなく けれど未来みらいすべゆるすはずもない

つきかぜほしそら太陽たいよう どんな希望きぼう種子しゅしやみにのまれ
もがきくるしんだあのおもえば きる意味いみみちび

あらがすべもないくさった果実かじつでさえ ながれてころがり息吹いぶかせてゆく

このくろくもてまで きずついた身体からだふるわせながら
だれ辿たどいたことのないへ はじまりのあさ

このひろそらさきまで たと力尽ちからつることがあっても
やがていのちつながりめぐるはずさ わりのはじまりへと

いつのふたたえる やみひかりえて