「時忘人」の歌詞 仕事してP,KAITO

2010/9/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はなやいだまちひと時忘人ときわすれびと
くれないいろいろどられたかべ にして
いしひとなどもくれず だれ
ふるびたつるぎ 右手みぎてちいさくいのささ

ながきにわたいくさわりをげたというのに
彼等かれら何処どこにいる
いまみどりひとつえぬたたかつづけているのだろうか
ぼく彼等かれら

うごいていたときまった 僕達ぼくたちたしかに其処そこにいた
かぜいだ もうとどかない いのりは泡沫うたかたくよう
こえていたこえはもうえない障壁かべえずさえぎられ
つながっていたいとからまり ぼくはただうごけず此処ここにいる

しずあかつきかなしげにかぶ
ときられたまま かえして

ともささ力合ちからあわせたたかつづけてきた
彼等かれら何処どこにいる
いまかぜかわいたたたかつづけているのだろうか
ぼく彼等かれら

たたかってきた記憶きおくがあった 背中預せなかあずけてた仲間なかまがいた
このまちにはぼくだけがいる あの見慣みなれたかお今何処いまどこ

クシテタ さがシテタ
トテモ大切たいせつナコトヲ…
ぼく此処ここにいる意味いみ

うごケナイ ソノ理由わけ
ぼくダケガちがッテイル
ずっとさからいつづけてきたこと

まっていたずっとまえから なにひとつこえなくなってた
左胸ひだりむねてる ぼく心臓しんぞうは もう
うごカナイ

うごいていたときまった おなじようにぼくまってた
かぜいだ もうとどかない 涙無なみだなこえいてた
にぎめた一振ひとふりのつるぎ 此処ここがきっとぼく居場所いばしょだと
だれひとり気付きづくことなく ときわすれただ彼等かれら