「番凩」の歌詞 仕事してP,MEIKO・KAITO

2010/5/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かわいた木枯こがらし そよそよと
かわいたは ひらひらと
相見あいまみえるちながら
ときかぞある

つづこといろどられ
あかいろめき 刹那せつなおど
紅葉一枚くれはいちまい ひらすべ
かたるは…

けた故郷こきょうわかれをげて
かれ はし
いま未来みらいへの 不安ふあんなど
かんじるいとまなど ありもせず

かわいたは ひらひらと
かわいた木枯こがらし そよそよと
つないだはなさずに
ときかぞける

あまねくヒトのいのち 背負せお
そのちいさきなにつむ
ほんのかすかな ほころびに
ぬるこの

しんずるみちを ただひたすらに
あゆむおまえささえとならん
くれないつるぎたずさえて
この かれてこう

そよかぜとなりて 幾多いくたいやしとなり
きとしける このものへのかぜとならん

くれない黄金おうごんいろどられ
れる樹々きぎたち 横切よこぎりながら
とも道連みちづれに
ける と つがゐこがらし

こすれさざめく とも
ける一陣いちじんかぜとも
とどまることなく 直走ひたはし
かわいたうたと つがゐこがらし