「男たちの晩夏」の歌詞 仙台貨物

2013/7/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづいてみればなつわりを
どこかへくのだろう あせかき旅支度たびじたく
たわわにみの稲穂頭いなほあたま
野原のはらかぜあきはこんでくる

西日にしび縁側えんがわに ひとりぼっちの風鈴ふうりん
また来年らいねんきっとえるよね そっとやさしくはずした

夕暮ゆうぐれにかぶ木々きぎつくすシルエット
せみがらはかなさよ

ける青空あおぞら のぼ入道雲にゅうどうぐも
どこかさびしげに モコモコ、モコ、モコモコ。
きらめく夜空よぞら いた大輪花火たいりんはなび
どこかさびしげに ヒュー、ドン。ヒュー、ドンドン、パララ。

何気なにげなくていたこの景色けしき
なつとともにたび
元気げんきでいろよ 風邪かぜひくなよ
またここにかえってこいよ

まぶしい季節きせつもやがてうつわりゆく
かなしまなくていい またえる

なつわりいろどるメロディー
おとこたちのあいのメモリー
わすれないでくれよ ぼくらはいつでもそばにいるよ

人生じんせいいろいろ たのしいことばかりでないけど
一生懸命いっしょうけんめいみんな頑張がんばってんだね

たのしい時間じかんもそろそろわりだけれど
なみだはいらない 笑顔えがお見送みおくるよ サマータイム