1. たったひとつの日々歌詞

「たったひとつの日々」の歌詞 伊月俊(野島裕史)

2012/9/12 リリース
作詞
こだまさおり
作曲
増田武史
文字サイズ
よみがな
hidden
あつまった笑顔えがお不器用ぶきようおもいも
手探てさぐりでのスタートだった
正直しょうじきまだえない すぐそこの季節きせつ
どんなかおをしてるのだろう

べつ俯瞰ふかんしたいワケじゃないさ 余裕よゆう
おなじくらい戸惑とまどうけど Ah,

いつかなにもかもがおも出話でばなしになって
なつかしいオレたちがいるね
うれしかったことばかりじゃなくたって
ほかにはかんがえられない たったひとつの日々ひびだった
そうおもえるがする いまのずっと未来みらい

歯痒はがゆさは時々ときどき まわりもんで
あたらしいちからみだす
しんじているんだろう? ればわかるよ
だれりるなんかなくて

きっと必然ひつぜんだとかかたときるハズさ
わらないそのひとみで Ah,

いつか明日あしたさえ過去かこけるとおそら
フイになに後悔こうかいしたって
くやしかったことばかりじゃないんだと
むねあふれる本音ほんねってあげられるように
このときはしろう はじまったばかりだ

いつかなにもかもがおも出話でばなしになって
なつかしいオレたちがいるね
うれしかったことばかりじゃなくたって
ほかにはかんがえられない たったひとつの日々ひびだった
そうおもえるがする いまのずっと未来みらい