「さよならだけが人生だ」の歌詞 伊東歌詞太郎 feat.零

2015/6/3 リリース
作詞
伊東歌詞太郎
作曲
伊東歌詞太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならだけが 人生じんせいだという
だれったかわすれたけれど
間違まちがいではないようながして
かえまるの

出会であいがあれば わかれがあると
だれったかわすれたけれど
それじゃなにもはじめられないだろう
なぜまれてきたのか わからないなぁ

まるでぼくつくものかまわない
でもころんだら ながれるんだよ

どうかおねがいだ せてくれないか
きみあいした ものをすべて
どうかおねがいだ せてくれないか
きみおそれるものを
どんなときでも そばにいさせて

このかなしみがよごれてるなら
きれいなゆきもるという
たりまえのように きてたけど
づいたら もれてしまいそうだ

たとえどんなかぜけどわらない
このおもいは えられはしないからさ

ひとはだれでも孤独こどくだという
じつぼくもそうおもうんだ
きみ孤独こどくぼく孤独こどく
すことはできない
でもかちえるだろう

どうかおねがいだせてくれないか
ながしてるきみこころ
どうかおねがいだせてくれないか
よごれたままのぎた時間じかん

どうかおねがいだせてくれないか
きみあいしたものをすべて
どうかおねがいだせてくれないか
きみかかえるものを
どんなきみでも そばにいさせて