「ぼくのほそ道」の歌詞 伊東歌詞太郎

2015/4/8 リリース
作詞
伊東歌詞太郎
作曲
みきとP
文字サイズ
よみがな
hidden
いたいなふらりとたびよう?
おっとあぶないね 仮面かめんはずれそう
きみにしかせないよ ぼく本当ほんとうかお

冗談じょうだんばしながらいこう
おっとあぶないね ばせばつかまるぞ
かぜともにいつかはたどりけるがした

こうして I know You know
ってぼくらはゆらりゆらりくよ
宗谷岬風そうやみさきかぜつよい それでもうたった
そしていつかきっとときてばすこしずつ色褪いろあ
セピアにまってわらおう

最先端さいせんたん ぼくらの時代じだいでは
いっそ最西端さいせいたん ハテルマでおう
はじおお生涯しょうがいだ かきてていけたら

まれたときぼくらはすでにたびてた

どうやったってあい才能さいのう
つからないからふらりふらりくよ
与那国よなぐに台湾たいわんまでをつなげそうだ
そしてもっともっとぼくらは納沙布岬のさっぷみさきえて
迷子まいごになってわらおう

つわものもゆめえて
松島まつしまつきくもって
つれづれにならない人生じんせい
だからこそたびたの

ぼくなんでこんな足着あしつけずふらふらしてるの
いえ中猫なかねこたちだけつづけている
そうだやっとえてきたぞ たび理由りゆうがほら
きみえるならしあわ
もう二度にどわない