1. Replica歌詞

「Replica」の歌詞 伊東歌詞太郎

2015/4/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
千切ちぎってした
ふる地図ちず断片だんぺん
何度なんどつなわせてみる

あこがれてした
たかやま頂上てっぺん
いまでもてられなくて

不完全ふかんぜんなものばかりを
このカバンの中詰なかつんで

意味いみのないことばかりかえしたって
げてきたものがくずちたって
くだったカケラにぎめたまま
あきらめもせずぼくをやりなおすよ

このはねがきっとつくものだとったって
あるつづければいつかかぜいて
ぼく背中押せなかおしてなみだぬぐって
また大空おおぞらばたける
そのしんじてる

おも荷物放にもつほっぽって
たおれこんだ瞬間しゅんかん
だれかがうしゆびさしても

不器用ぶきよう足取あしどりで
ここまで辿たどいた
ぼく歩幅ほはば

ねえ、完全かんぜんなものばかりで
この両手りょうてよごれてしまうそのまえ

このこえがそっとだれかにとどくように
さけつづけていつかてても
どろだらけになってつかった一瞬いっしゅん
つなわせてぼくをやりなおすよ

意味いみのないことばかりかえしたって
げてきたものがくずちたって
らばったカケラひろあつめては
あきれるくらいにぼくをやりなおすよ

このはねがきっとつくものだとったって
あるつづければいつかかぜぼくはこんで
からみついた限界げんかいって
また大空おおぞらばたける
そのしんじてる