「北の舟唄」の歌詞 伍代夏子

1995/10/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
山背やませえて
海鳴うみなりなけば
ふねみなとちぼうけ
やんしゅうかもめは
浜居酒屋はまいざかや
夜毎よごと そこなし さけづかり
いいからさ いいからさ
がせておくれよ
わたしにも
一升徳利いっしょうどっくり
したなら
うたってあげよか 舟歌ふなうた

あらくれなみいのちをけずる
そこがあんたの 夢舞台ゆめぶたい
辛口無口からくちむくち
ただ うなずいて
うなる雨戸あまどゆびでさす
いいからさ いいからさ
そのわたし
きしめて
すすけたはしら
こよみをちぎり
ってたぶんだけ
きしめて
いいからさ いいからさ
がせておくれよ
わたしにも
一升徳利いっしょうどっくり
したなら
うたってあげよか 舟歌ふなうた