「no title」の歌詞 佐伯ユウスケ

2012/7/25 リリース
作詞
佐伯ユウスケ
作曲
佐伯ユウスケ
文字サイズ
よみがな
hidden
長過ながすぎもなく 短過みじかすぎないかみ
面白おもしろくない オチのないはなしとか
でもそれがそう たまらなくいとおしいんだよ
きみ気付きづいてなくて

ほらたとえば あそこの女性じょせいみたいに
むねしてさ 誘惑ゆうわくしたとしても
かおはイマイチさ うそだよおこらないでよ
そんなかおがまたかわいいね

今日きょう何色なにいろ?って きみにフザけていたなつ
てたらせてあげる」なんて
あのからぼくになってしまうんだ

なんてことないきみだけど そのまま普通ふつうでいてよ
そしたらぼくいろでほら められるからさ
ぼくまくらにこびりついた あの銘柄めいがらのシャンプーのかおりも
ずっと ずっと おぼえてしまっているよ
だけどもうきみは あいつのにおいがすんだ

近頃ちかごろでは 8割型わりがた
アイツのはなしばっかだ グロスなんかつけて
たことのない かがやきをせつけるんだよ
ぼくはそのメイクきらいだな

なんにもわかってないよアイツは そう
きみ傷付きずつ言葉ことば仕草しぐさ 嘘泣うそなきだって
ぼくなら全部ぜんぶわかってあげられるのに

なんてことないきみだから
余計よけい大事だいじおもうんだ
こいあいもどうでもいいほどちかくにいたいんだ
ほかだれかにまっていく きみためにここにいるわけじゃ
ないよ ないよ だけどはなれるのは
一番辛いちばんつらいから らないフリしておくよ

長過ながすぎもなく 短過みじかすぎないかみ
いまとなっては はなについてしょうがない
あの銘柄めいがらにおいがぼくくるしめるんだよ
きみ気付きづいてないだろう