1. 初恋歌詞

「初恋」の歌詞 佐香智久

2013/1/30 リリース
作詞
Tomohisa Sako
作曲
Tomohisa Sako
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてだれかをきになると
こんなに むねくるしいの
バカみたいに あしだったり
一人期待ひとりきたいして んだり

いっそ全部ぜんぶ ってしまおう
いやでも いまはやめておこう
なんてこんな事繰ことくかえして
しにもどります

季節きせつめぐるよ 春夏秋冬しゅんかしゅうとう
気付きづけば先延さきのばしにしてきた日々ひび
あっというって
もう さよならなんだ

何度なんどだって おもすよ
つけたんだ
ハートの花弁はなびらうそのなか
わらきみは とてもキレイでした
もう二度にどきみえないくらい
とおはなれてはじめて きみきだって
今更いまさらやっと気付きづいたんだ

くだらないことわら
いつでも とど距離きょりにいる
どうせ明日あしたきみとこんなふう
いられるとおもってた

だれにもバレないようにきみをずっと
うようになったのはいつからだ
この気持きもつたえなきゃ
だけどもうおそくて

何度なんどだって おもすよ
気付きづいたんだ
きみつけたときから
もうすでに ぼくきみこいをしていたんだ
あぁ このおもいも つたえられる
そんな勇気ゆうきがあったなら
きみのその笑顔えがお
ずっとそばにいまもいたのかな

そうだよ ぼくはいつだって げてばかりで
きみはいつでも そこにいたのに
もうすぐきみえなくなること
そんなこと かっていたのに

何度なんどだって おもすよ
つけたんだ
ハートの花弁はなびらうそのなか
わらきみは とてもキレイでした
もう二度にどきみえないくらい
とおはなれてはじめて きみきだって
今更いまさらやっと気付きづいた
いまならちゃんとえるんだ
だれより きみきでした