1. 君色花火歌詞

「君色花火」の歌詞 佐香智久

2012/6/6 リリース
作詞
Tomohisa Sako
作曲
Tomohisa Sako
文字サイズ
よみがな
hidden
ざわつくセミのおとすこしまだのこ夕暮ゆうぐ
はなれないようにきみをまたにぎかえした

花色はないろきみ姿すがたがあまりにまぶしくて
にしてないふりで視線しせん
そらしてしまったんだ

火照ほてったぼくほほやさしくれるなつかぜ
ねつびたこのおもいを
あの夜空よぞら今打いまうげるんだ

つたえたいよこのおもいも
夜空よぞらがったのは
はじけてしまいそうな
ぼくのハートみたいだ
わすれないよずっとずっと
ぼくひとみけた
夏色なついろひかり
ほかでもないきみのその笑顔えがお

おおきなはながるそのおとまぎれて
こぼれてしまったことはかきされてしまう
まるでこの世界せかいぼく二人ふたりだけみたいな
かたれそうなこの距離きょりいきがとまりそうだ

きみがくれた一瞬いっしゅんはどんなねがいよりもつよ
かがやひかりになってぼく世界せかいをずっとらすんだ

ぼくねがいは七色なないろ
ひかりまぎがる
永遠えいえんあいだって
しんじてしまいそうだ
そらえてひびわた
えないようにほこ
いまこの瞬間しゅんかん
ぼくたちがいたあかしのように

いくらときぎたって
この季節きせつたび
つないだぬくもりを
きみこえおもすよ

つたえたいよこのおもいも
夜空よぞらがったのは
はじけてしまいそうな
ぼくのハートみたいだ
わすれないよずっとずっと
ぼくひとみけた
夏色なついろひかり
ほかでもないきみのその笑顔えがお