「風のららら」の歌詞 倉木麻衣

2003/5/28 リリース
作詞
倉木麻衣
作曲
春畑道哉
文字サイズ
よみがな
hidden
潮風しおかぜきみかんじて
銀色ぎんいろなみ二人ふたりとけてしまいそう
このまま時間じかんまれと
まちとおちいさくえるよ
もうはなさない きみめたよ

かがやいた (季節きせつに)
辿たどいた (未来みらいに)
まよわずに (瞳信ひとみしんじて)
かぜのららら…

あふれだしそうな (不安ふあんに)
なみだかくした (昨日きのうに)
とおおもいまならえる
かぜのららら…

せる えない不安ふあん
あきらめかけていた たったひとつのことが
波音なみおと こころらすよ
せてかえきみへのおもいが
気持きもちをたす ひかりわる

ねていた (あのころ)
きみた (砂浜すなはま)
いつまでも わらずにある
かぜのららら…

つないだ にぎり (かえした)
素直すなお気持きもちを (かんじて)
大切たいせつひといまならえる
かぜのららら…

つめる笑顔えがお
何故なぜきゅうきしめたくなる
かぜれて もう一度いちど いま
あつおもいをのせて
きみめたよ

かがやいた (季節きせつに)
辿たどいた (未来みらいに)
まよわずに (瞳信ひとみしんじて)
かぜのららら…

あふれだしそうな (不安ふあんに)
なみだかくした (昨日きのうに)
とおおもいまならえる
かぜのららら…