1. 名前のない鳥歌詞

「名前のない鳥」の歌詞 元ちとせ+山崎まさよし

2015/3/1 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜれてるちかけた伝言板でんごんばん
裏切うらぎられるよりはさまようほうがいい

便たよりがない日々ひびさびしさだけつのってゆく
かげきずるぐらいならもないとりでいい

陽炎かぎろいようにゆらいでる約束やくそく場所ばしょ
はるかどおくのまち

だれかが全部ぜんぶまぼろしだとおしえてくれたらわたし
何処どこくだろう

あるじさがしている はぐれたくもはなしかける
なににすがったときひとつのたびわるんだろう

つき今日きょうよるもしんしんとらしている
おもうのはただいとしいひとむねねむりたい

たとえまぼろしであってもせめていち
ぬくもりにいしれたい

こころおくえかけたわずかなかりを
もう一度いちど両手りょうてでつつんで

陽炎かぎろいようにゆらいでる約束やくそく場所ばしょ
はるかどおくのまち

だれかが全部ぜんぶまぼろしだとおしえてくれたらわたし
何処どこくだろう