1. 玉響歌詞

「玉響」の歌詞 元ちとせ

2008/7/16 リリース
作詞
岡本定義
作曲
岡本定義
文字サイズ
よみがな
hidden
ただ理由わけもなくあふしたなみだなら
かなしみもそのよろこびも
ありのままをれてあげたいだけ

そっとのまえをとおぎるかぜのように
さりなくうつろうものをいとしくおもえる
だからいまはこうしていたい

まるでながれるかわのよう
きてかえらぬみずのよう
なくゆくかわほとり
わたしなにおもうの?
徒然つれづれに…

黄昏たそがれいろどそらやさしい旋律しらべ
とりとも雲間くもまえた

それはしずかなつきのよう
やがてりゆくはなのよう
めどなくあめしずく
あなたはなにうたうの?

とおはるとおく このながれもてるころ
そこにはな
ふたた出逢であえたささやかなるあかしとなるの
それもまた玉響たまゆらゆめ