「いつか君が」の歌詞 光永亮太

2003/5/14 リリース
作詞
光永亮太
作曲
光永亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかきみいて
精一杯せいいっぱい笑顔えがお
せるように
なるといいね
ふとおもったから
まちにはかさはな
ただあざやかにいていて
びしょれのまま
きみはひとり
なにつめて
いたんだろう
なにたないぼく
なにかをくしたきみ
いつしかぼくらは
かたはじめてた
あの 突然消とつぜんきえたきみ
あてもなく
ただいかけた
物足ものたりない左側ひだりがわ
気付きづけば
きみきでした」

まちはざわめきはじ
恋人達こいびとたちらして
つづった手紙てがみいま
ポケットのなかねむってる
夕陽ゆうひそら
ひとり見上みあげてるよ
よる次第しだい
おお様子ようす つめて
きみとどく あのうた
とおくから
こえたメロディ
きみちかい この場所ばしょ
ぼくかなでたものじゃない
いますぐでもきみのことを
きしめたいとおもうけど
遠回とおまわりもれて
いまきみ見守みまもるから
イタズラにちかづいてた
この距離きょり今越いまこえたから
二人ふたりかなでるメロディ
たからかにひびかせよう…