「ガラスの十代」の歌詞 光GENJI

1987/11/26 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
わないで わないで
さよならは間違まちがいだよ
なにからない同志どうし
こんなもあるよ

なにげなく きずついて
さりげなく やさしぎて
そんないたおぼえる
季節ときじゃないか
戸惑とまど気持きもちで
ったり たりさ
ひかりとかげ
こわれそうなものばかり
あつめてしまうよ
かがやきはかざりじゃない
ガラスの十代じゅうだい
かないで かないで
ぼくだってつよかないよ
まよにならぬように
つめているから
つまずきは いつだって
僕達ぼくたち仕事しごとだから
としたなみだいろ
わすれないで
せつないこいだね
つま先程さきほどだよ
何処どこっても
ぎこちないこいでもいい
真実ほんとあいなら
こころにはうそはないよ
くさないきみ
ずっと つよ
はなさずに
もっとそばにおいで
もっとそばにおいで
吐息といきが Ah
かぜむまで
こわれそうなものばかり
あつめてしまうよ
かがやきはかざりじゃない
ガラスの十代じゅうだい
こわれそうなものばかり
あつめてしまうよ
かがやきはかざりじゃない
ガラスの十代じゅうだい