1. 恋の温度(GENJI NUMBER)歌詞

「恋の温度(GENJI NUMBER)」の歌詞 光GENJI

1994/7/21 リリース
作詞
高柳恋
作曲
清岡千穂
文字サイズ
よみがな
hidden
アスファルトのかえしがひか
むね谷間たにまきみあせのひとつぶ
太陽たいようくにまれた女神めがみ
きみに (きっときみに)
さわったなら (火傷やけどするよ)
微熱びねつよりも (ずっとあつい)
キスを

季節きせつのないまち真夏まなつせてあげる
どんな高気圧こうきあつでもかなわぬ
こい温度おんど

きみくろひとみかがやいて
アルセーヌにもぬすめない宝石ほうせき
太陽たいようがもしこわれたとしても
きみが (きっときみが)
世界せかいじゅうを (らすはずさ)
だからこわく (こわくなんて)
ないね

素肌隠すはだかくまち真夏まなつれてきたよ
だれがまとうシャツもかそう
こい温度おんど

季節きせつのないまち真夏まなつせてあげる
どんな高気圧こうきあつでもかなわぬ
こい温度おんど

素肌隠すはだかくまち真夏まなつれてきたよ
だれがまとうシャツもかそう
こい温度おんど