1. 新生紀歌詞

「新生紀」の歌詞 光GENJI

1989/2/20 リリース
作詞
有川正沙子
作曲
林哲司
文字サイズ
よみがな
hidden
けろ 地平ちへい彼方かなたまで いまこそ
こせ くしかけてた野性やせい 身体からだやせ

てつくようなぎんかぜ ぼくむね
太陽たいようさえもそのむかし きたこの地球ほし

けはしない げて はしすよ
そとあらし きすさぶ ブリザードさ
生命せいめい 松明たいまつえて

ませ ゆめ行方示ゆくえしめ磁石じしゃく
こえるよ きみがくちずさんだ メロディー

ああきみがいるから 今日きょうまでたたかえた
武器ぶきあいというのパワー うばえはしない

あついくちづけ かすこお手足てあし
ひとりぼくつづける はる微笑ほほえまもくよ

はりくした腕時計うでどけい ぼくときめてる
紫色むらさきいろ夕暮ゆうぐれが おもまり

いきけば せま無数むすうてき
神話しんわたちが した やみ支配しはい
いつめて きんはな

きずついた いたみにえながら こころは
灼熱しゃくねつ気迫きはくちあがる 平原へいげん

ほらきみ見上みあげた サファイヤの夜空よぞら
つかのやみだけ やすらぐむね
きてることは ぼくえら

もっと もっと つよはばたきたい
ずっと ずっと ふかあいされたい
ああ くもれて ゆきけて
あたたかいひかり あふれるまで

けば 自然しぜんさえあやつる ちから
時空ときぼくためしているかんじさ

ねえきみひとみあお星流ほしながれて
きっといつか つけすよ
ここにいる理由わけ そのこたえを