「ラヴ・テクニカ」の歌詞 入野自由

2010/10/20 リリース
作詞
只野菜摘
作曲
FIREWORKS
文字サイズ
よみがな
hidden
かお見合みあわせたら おもいっきりわらった
たがいのかんがえてること そうだよ、おなじだから
窮屈きゅうくつなpartyを してしまおう
とびらけてけぬけたとき ぼくたちはをつないでた

なやめる文学者ぶんがくしゃかたったこいのrealも
一瞬いっしゅん科学反応かがくはんのうあお火花ひばなてないのさ

ついてきて ぼくたちのいまがあふれだしてる
かわいたのどうるおすsparkling
したで ひとやすみしてる、きみのくちびる
ぬらしてこぼれるヒカリから をそらせないんだ

まだたことのないほしたびするように
となりにきみがいるだけで 空気くうき粒子りゅうしわる

これから新世界しんせかいっていくんだ
足跡あしあとのないしろこい りかえるcolorfulなeveryday

ただよ評論家ひょうろんかのnoiseはむねれない
ストレートなこのかんじ pureなものだとしんじるから

ついてきて ぼくたちのいまがあふれだしてる
ひろがる 2人ふたりだけのwonderland
複雑ふくざつきは きみをまよわせていってしまう
ぼくのことえないって かせたくないんだ

kissをした はじめての場所ばしょをつないでた
ひろがる 2人ふたりだけのwonderland
神様かみさまえるようにえがすなうえ約束やくそく
はじまりの瞬間しゅんかん永遠えいえんになるんだ