人気!
「愛のうた」の歌詞 六道寺恵梨

2017/3/29 リリース
作詞
六道寺恵梨,栗原将輝
作曲
栗原将輝,六道寺恵梨
文字サイズ
よみがな
hidden
だれてないときもその場所一人頑張ばしょひとりがんばっていた
かんじとるようにつたわってくるんだ
なみだなんてせないで

いつも弱音よわねだってかないで
かかえてはしりだすきみまぶしかった

きみだけにしかわからないくるしみだってあったよね
いくつものやまえてきた、大丈夫だいじょうぶ
どこまでもけるとしんこわがらずすすんでいこう
きみのその笑顔えがおずっと見守みまもってるから

つまづきもしあきらめていたのならいまはここにいないんだ
あの時負ときまけないでたたかったから

そっとじたらきらめちいさなひかり
おおきくなってきては次々つぎつぎひろがって
えてきたのはえが世界せかい

つかんだいま場所ばしょあい
もっとあいおおきくそだてていこう

きみだけの使命しめいをずっとけて
これからも・・・
あたらしいはなつけてかせてひろげる

希望きぼうあふれたみちのりひろ大地だいちつづいていく
いくつものやまえてきた、大丈夫だいじょうぶ
どこまでもけるとしんこわがらずすすんでいこう
きみのその笑顔えがおずっと見守みまもってるから
つまづきもしくじけてたらいまはここにいないんだ
あの時負ときまけないで頑張がんばったからいまがある

どこまでけるかがたのしみな未来みらい
かがやはなきみにずっといつまでもあいおくるから