「月曜日の朝」の歌詞 内田有紀

1995/9/21 リリース
作詞
森真帆
作曲
斉藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
時計とけいはり 一秒いちびょうくるわずに
ベルのおとが ベッドから たた
カーテンをひらいて イタイほどきれいな
あおそら片目かためあけ 見上みあげるよ

しまいんだ 自転車じてんしゃしてきて
人波ひとなみとは 反対はんたいにペダル
月曜日げつようびあさは むかしから きらい
すこし ユウツ きしめてめる

こいくして しゃがみいていた
時間ときは もう
未来あしたは ずっと まったりしないからね

仲間なかまたちと 約束やくそくも ないには
おしゃれしても つまらない 素顔すがおでね

紅茶こうちゃを すすりながら かがみ つめ魔法まほう
“ほらねはやく! 元気げんきだせ! かわいいよ”

どんなあさにも かなわない 笑顔見えがおみ
ウインクしてみて
不思議ふしぎ呪文じゅもん 自分じぶんつけた

そう、なにもいいことなくて 大切たいせつ
ゆめが しぼんでも
まだ だいじょうぶ このつぎは うまくいくよ

ひとりの時間じかん こころそだてている
そんながする
まえよりずっと 自分じぶんきになった