「シンタイソクテイ」の歌詞 初音ミク

2013/3/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
幼少ようしょうころんでいたうちにあった
はしらきざまれたいくつものしるし
ぼく身長しんちょうおぼえておくために
ははうれしそうにいてくれた

てっぺんがかすんでるたか電波塔でんぱとう
どこまでものぼてのないエレベーター
見上みあげた自分じぶんひとみおくには
きっと、たしかな未来みらいぼくうつっていたんだ

いまとなってはぼくもそれなりの大人おとなになって
世間せけんなみまれながら ちぢこまってる

一年いちねん一回いっかい診断結果しんだんけっかには
前年ぜんねんわらない体重たいじゅう身長しんちょう
だれかと背比せいくらべすることもいやになって
ぼくなりのペースで今日きょうあるいてゆくんだ

ぼくくびつかんで かなしそうにわら悪魔あくま
そいつの本当ほんとう正体しょうたいは、自分じぶん

くだらない理想りそうたかさにせん
それがぼく限界げんかいだっておもえるのなら
それ以上いじょうでもそれ以下いかでもないから
いつだって、そのこたえは自分次第じぶんしだいなんだ

さあ、こうか ぼくえが水平線すいへいせん彼方かなた
辿たどいた場所ばしょつのは、自分じぶん

いつわりのないたかさにせん
おもうよりもちっぽけな自分じぶんえたら
それ以上いじょうでもそれ以下いかでもないから
いつだって、本当ほんとうぼくは…

くだらない理想りそうたかさにせん
それがぼく限界げんかいだって他人ひとうけど
明日あすぼくはかるのはだれでもなく
いつだって、そのこたえは自分次第じぶんしだいなんだ