「君に嘘」の歌詞 初音ミク

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのうまでにながめていた いろ全部変ぜんぶかわって
わかれたみち えらときおなじだって そうおもってた

二人ふたりでいつも あるいていた桜並木さくらなみきわりもなく
この3年さんねん過去かこになるとか おもえなかった きみたから

きみうそついた言葉ことばだけ やさしくひびいてえてった
あのとき あの あの場所ばしょ あの景色けしきだけが
ひとみおくいて がせない
「うそだよ」「気付きづいて」
きみはいつだって…

らいでいた わかっていた でもどうえばつたわったの?
き」を全部投ぜんぶなげつけたら きみはきっとつらかったよね

こたえはめられないままで 昨日きのうむかえて
まだまよきみたら えるワケないよ…

ってなよ」「またえるじゃん」「とおくないよ」
べつ大丈夫だいじょうぶ」「たないよ」「にしなくていい」

ぜんぶ うそだよ

きみうそついた言葉ことばだけ やさしくひびいてえてった
たとえばいて「かないで」ってえたのなら
ちが今日きょうおとずれて いまきみたのかな

後悔こうかいはしてない、と 自分じぶんってかせても
あのとき あの あの場所ばしょ あの景色けしきだけが
ひとみおくいて はなれない
「うそだよ」 えない…
もうきみはいない

とおぎた時間じかん喧噪けんそうまぎれてく