「雨とアスファルト」の歌詞 初音ミク

2013/3/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こぼちたなみだ めたきみをすり
かたいアスファルトにたたきつけられながらえてく

そこにるモノさえ しんじることはできないくせ
そこになにかに すくいをもとめてつむった

まれわるそのしんじて
うつるものすべて 遮断しゃだんして いきった

かかえきれないほどの現実げんそうを このこわしてしまえたら
きみぼく感情かんじょういた言葉ことばわすれてしまえるかな

くだったぼく容赦ようしゃなくそそ雨粒あまつぶ
きみのそのなみだざりかわになりながれる

だれかのかなしみなど いつかは
そら彷徨さまよかぜになって える場所ばしょさが

きみ名前なまえぼくさけんだ
たととどかないこえだとしても

いつかだれかをそのあい
いつもだれかをそのまもれるように

かぞえきれないほどの偶然ぐうぜんかぞえきれないほどの必然ひつぜん
きみぼく存在そんざいいて 孤独こどくあたえていった

かかえきれないほどの現実げんそうを このこわしてしまえたら
きみぼく感情かんじょういた言葉ことばわすれてしまえるかな

かかえきれないほどの現実げんそうを このこわしてしまっても
きみ最後さいごにひとつだけくれた言葉ことばだけは わすれないままで