「R347」の歌詞 初音

2011/12/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
のあたる道探みちさがして ひとりぼっちであるいた
ユメと荷物にもつ背負せおいこんで
やっとたどりいたけど 交差点こうさてんもうまくわたれない
れないコトバがさる

なにをするためだったっけな だれのためにきてるんだろう
つめたいそら見上みあくちずさむ吐息といきのメロディー

きみ笑顔えがお出会であえて わたしえてくれた 魔法まほうみたいな
きみがくれる言葉ことばわたし必要ひつようなんだ そう だから そばにいたい

あたらしいユメつけて はしっててづいたんだ
ふるいユメ ここにいていこう
交差点こうさてんのすりかた らぬおぼえていて
いたみすらわすれちゃったかも

くことばかりで 大事だいじなものわすれてないか
ながれるときなかで もう一度いちどあののメロディー

きみのやさしい笑顔えがおてたいから きだから わらってて
きみのその一言ひとことわたしつよくするんだ そう だから そばにいて

だれかのこえ戸惑とまどまよながされて
こころ自分じぶんこえは...こえている
だれかにわらわれてもバカにされてもいいよ
きみがいる それでいい

のあたる道探みちさがしてひとりくちずさんでた あのメロディー

きみのまぶしい笑顔えがおわたしえてくれた 太陽たいようみたいな
きみがくれるすべてがわたし必要ひつようなんだ そう だから そばにいて