「故郷の花のように」の歌詞 前川清

2003/9/25 リリース
作詞
麻こよみ
作曲
金田一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのあい
たしかめたくて
背中せなかをむけて
ねてた あの
月日つきひかさ
あいされるほど
おんなは いつも
臆病おくびょうになる…
どうぞ わがままをゆるして
季節きせつときえるように
さくら黄昏空たそがれぞら
ずっと ずっと
られたい
あなたひとりに
故郷ふるさとはなのように
そっといている
わたしです

あなたのむね
かれていても
なぜだかきゅう
きたくなるわ
はなのように
二人ふたりにいつか
わかれのとき
るのでしょうか…
どうぞ わたしだけつめて
そよかぜ にじ彼方かなた
あいしていると言葉ことば
ずっと ずっと
られたい
あなたひとりに
故郷ふるさとはなのように
そっといている
わたしです

このなか
やっと出逢であえた
かけがえのない
大切たいせつひと
まぶたとじれば
夕立ゆうだち 木立こだ
はは面影おもかげ
おもみち
どうぞ わたしだけつめて
星降ほしふゆめ世界せかい
やさしくかた両手りょうて
ずっと ずっと
られたい
あなたひとりに
故郷ふるさとはなのように
そっといている
わたしです