「花の時・愛の時」の歌詞 前川清

1987/2/21 リリース
作詞
なかにし礼
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ部屋へやたあと
ぼくはじっとうごかない
あたりにただよう
きみのこ
むねいしれる
きみいたギターの
ほそいとれたまま
みかけのほん
げだされたまま
そんなすべてが いとしい
ときにははなのやさしさで
つつんでみたいとおも
Oh…ときにはあい
はげしさで
かせてみたいとおも
またえるのに
いますぐにいたくて
せつなくなる
うみそこ二人ふたり
かいになりたい

きみが もたれかかった
あとの のこる
クッションに
ひたいをうずめて
うつをさがし
ゆめのつづきを いかける
むねにさわぐおもいを
くちえぬ もどかしさ
こいは ためいき
こいは ときめきか
こいおろかななやみか
ときにははなのやさしさで
つつんでほしいとおも
Oh…ときにはあい
はげしさで
かせてほしいとおも
こののすべて
かぎりあるいのちなら
きみこう
あおそら二人ふたり
くもになりたい
こののすべて
かぎりあるいのちなら
きみこう
あおそら二人ふたり
くもになりたい