1. ひとつだけ歌詞

「ひとつだけ」の歌詞 剛力彩芽

2015/4/8 リリース
作詞
遠藤幸三
作曲
野井洋児
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつだけじゃないはずだよね
笑顔えがお自分じぶんつけるみちだって

くしゃくしゃにまるめたら
手紙てがみもただのネコじゃらし
まっすぐばせば ほら
がみになる

だからっていますぐなにかを
ろうとなんかしないでね
たっぷりの時間じかんは いつだってきみともだち

ひとつだけじゃないはずだよね
笑顔えがお自分じぶんつけるみち
かぞれぬくらいにあるね
しあわせのいろほしよりおお
らないだけ きみはまだ
自分じぶんのやさしさとつよさを

わたしにはえるんだ
銀色ぎんいろ翼広つばさひろげて
大空おおぞらんでいく
きみ姿すがた

きっとだれも気付きづかないでしょ
あのときなみだ手紙てがみ
最強さいきょう紙飛行機かみひこうきになりときえてく

ひとつだけじゃないはずだよね
笑顔えがお自分じぶんつけるみち
かぞれぬくらいにあるね
しあわせのいろほしよりおお
しんじている きだから
きみけないひと いつでも

かわいすぎて使つかえないシール
しあわせなら ほら こんなとこにもある

ひとつだけじゃないはずだよね
笑顔えがお自分じぶんつけるみち
かぞれぬくらいにあるね
しあわせのいろほしよりおお
しんじている きだから
きみけないひと いつでも

ひとつだけじゃないはずだよね