1. 恋人が待っている歌詞

「恋人が待っている」の歌詞 加地秀基

1997/6/18 リリース
作詞
加地秀基,住田芽衣
作曲
加地秀基
文字サイズ
よみがな
hidden
この部屋へやきみ
っていたんだ
いつのにか
かみびてたんだ
きみすころうと
でなでるけど
りすぎるから だめさ
はやすぎるながれに
をまかす
きみにあえる
時間じかんえていく
シュガーぬきの
コーヒーをゆかにすてる
タイミングだけ だけ
いても わらっても
このふねはすすむ
レモンのなみだ
ほほをぬらす
きみっててくれるなら
いそいそぐよ
あのおかきみ
いたいんだ
すこびたかみ
れたいんだ
こたえをきみ
ウインクでかえそう
あたらしいうた うたう
いても わらっても
キャベツはそだつ
なにえずに
きていきましょう
きみわらってくれるなら
はしはしるよ

ちょっとまり
ヒュルリかわす
いても わらっても
このふねはすすむ
レモンのなみだ
あふれてくよ
ぎんうま 夜空よぞら
けぬけていき
クリスマスの季節きせつ
ゆきをふらすんだ
きみっててくれるから
はしはしるよ
ぬまでいくよ