1. サライ歌詞

「サライ」の歌詞 加山雄三✕谷村新司

1992/11/16 リリース
作詞
谷村新司
作曲
弾厚作
文字サイズ
よみがな
hidden
とおゆめ すてきれずに
故郷ふるさとをすてた
おだやかなはる陽射ひざしが
ゆれるちいさな駅舎えき
別離わかれより かなしみより
憧憬あこがれはつよく
さびしさと背中せなかあわせの
ひとりきりの旅立たびだ
うごはじめた
汽車きしゃ窓辺まどべ
ながれてゆく景色けしきだけを
じっとていた
サクラ吹雪ふぶき
サライのそら
かなしいほど あおんで
むねふるえた
こいをして こいやぶ
ねむれずにごす
アパートの
まどガラス
てた夜空よぞらほし
このまち夢追ゆめおうなら
もうすこつよ
ならなけりゃ
ときながれに
けてしまいそうで
うごはじめた
あさ街角まちかど
ひとれに
もれながら
そら見上みあげた
サクラ吹雪ふぶき
サライのそら
ながれてゆくしろくも
むねふるえた

はなれれば はなれるほど
なおさらにつのる
このおもわすれられずに
ひらくふるいアルバム
わかちちはは
つつまれてぎた
やわらかな
日々ひびらしを
なぞりながらきる
まぶたとじれば
かぶ景色けしき
まよいながら
いつかかえあい故郷ふるさと
サクラ吹雪ふぶき
サライのそら
いつかかえ
そのときまで
ゆめはすてない
まぶたとじれば
かぶ景色けしき
まよいながら
いつかかえあい故郷ふるさと
サクラ吹雪ふぶき
サライのそら
いつかかえ
いつかかえ
きっとかえるから