1. 座・ロンリーハーツ親父バンド歌詞

「座・ロンリーハーツ親父バンド」の歌詞 加山雄三とザ・ヤンチャーズ

2010/4/7 リリース
作詞
さだまさし
作曲
弾厚作
文字サイズ
よみがな
hidden
みんなうたおうもう一度いちど
あののようにこえわせて
ときめくむね こいうた
わすれられないあのうた

だれでもいつかとしをとる
たりまえじゃないかそんなこと
大切たいせつなのはむねほのお
やしつづけていること

うたおうこいのときめきを (こいうたを)
若造時代わかぞうじだいづかない
本当ほんとうやさしさや
あい生命いのちおもさを

それぞれ色々いろいろありまして (夢破ゆめやぶれて)
せつないながらいて (けない)
やっとこうして
うたおう さあいまこそ
ひと一人ひとりじゃないはず

ギターかかえてあつまれば
あのころすこしもわらない
われらロンリーハーツ親父おやじバンド
ぬくもりじゃけはしない

一度いちど結婚けっこんしないやつ (一度目いちどめもだめ)
二度にどわかれた不届ふとどきなやつ (二度目にどめも)
三度転さんどころんでがり (三度目さんどめもほら)
またころぶのも人生じんせい (人生じんせい)

いつかきっとわらえるさ (いつか きっと)
どんなにくるしい坂道さかみち
どうにかえて
きてきたのだから

はなせばなが物語ものがたり (おもいがけず)
うんいことわるいこと (それぞれ)
ああなにもかも
わらばして
ひと一人ひとりじゃないはず

ギターかかえてあつまれば
あのころすこしもわらない
われらロンリーハーツ親父おやじバンド
元気げんきじゃけはしないぜ

きているからたのしくて (きているから)
きているからこそかなしくて (頑張がんばれ)
きているからつらいけど (きているから)
明日あしたかならる (かならず)

いつか未来みらい子供達こどもたちに (子供達こどもたちに)
こころのバトンをつなぐため (つなぐため)
たよりになるような
大人おとなになるために

うたおうロンリーハーツ親父おやじバンド (親父おやじバンド)
若造時代わかぞうじだいづかない (づかない)
本当ほんとうやさしさや
あいいのちおもさを