「そばにいて」の歌詞 加藤和樹

2007/2/7 リリース
作詞
田中明仁
作曲
田中明仁
文字サイズ
よみがな
hidden
朝日あさひきみほほでる きみはまだゆめなか
子供こども寝顔ねがおのままで どんなゆめてる

いまこのむねおくほうぬくもりを
きみつたえたいけれど 言葉ことばにはできないや

こいをしてきずついて きずつけてひと大人おとなになる
いままでのながしたなみだ
この出会であいのためにあった

ただそばにいて
ずっとそばにいて
ぼくさがしていたこたえは
世界中せかいじゅうだれでもなく
ただ一人君ひとりきみだけ

わらいあったまぶしさも わけかなしみも
何気なにげない日々ひびのすべて こころきざむんだ

かさねあう のひらを 二度にどはなさないとちかおう
しんうそのためにぼくらは
この世界せかいでまた出会であった

ただきみだけを
ずっときみだけを
一番近いちばんちかくでているよ
わりなんて どこにもいない
ただ一人君ひとりきみだけ

ただそばにいて
ずっとそばにいて
ぼくさがしていたこたえは
世界中せかいじゅうだれでもなく

ただ一人君ひとりきみだけ

ただ一人君ひとりきみだけ