「去りゆく君へ」の歌詞 加藤和樹

2010/3/17 リリース
作詞
田中明仁
作曲
田中明仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくきみ大好だいすきで きみぼくきなのに
二人ふたりはすれちがったまま ちがときあるいてゆく

きみゆめえらんだこと ぼくがここにのこったこと
そばにいることは出来できないけど いつもここでおもってるよ

渋谷しぶやひとごみは なくながれてゆく
ひとばかりこんなにいたって きみわりなんていないじゃないか

やわらかなくちびるも ふれたのぬくもりも
いつもてた あたりまえ仕草しぐさ
まぶたにうつ笑顔えがおぼくぶあのこえ
いまはもうまぼろし

改札右かいさつみぎあかいランプのまえ いくらきみっても
時計とけいながらあわててはしってくる きみ姿すがたはもうどこにもない

よるってこんなにも ながいものだったんだね
きみとなりにいるときには にもならなかったのに

みじかくなったかみも ちょっとこまったかお
いたりわらったり ころげあった日々ひび
そのちいさなはなも こするとえるまゆげも
いまはもう・・・

電車でんしゃ窓越まどごしに よるまち見下みおろして
最後さいごにもう一度いちど きみおも
二人ふたり出会であまえの なにげない日常にちじょう
もどっただけ それだけ それだけなのに

このおもいはなんだ この気持きもちはなんおしえてよ
このいたみはなんだ このなみだなん

このおもいはなんだ この気持きもちはなんおしえてよ
このいたみはなんだ このなみだなん

ぼくきみ大好だいすきで きみぼくきなのに
二人ふたりはすれちがったまま ちがときあるいてゆく