「キンセンカ」の歌詞 北原愛子

2008/8/6 リリース
作詞
北原愛子
作曲
三宅竜博
文字サイズ
よみがな
hidden
あきらめるほう傷付きずつかないんだと
こころまもるしかすべらなくて

花屋はなやつけた オレンジのキンセンカ
さびしくていたくて
もうかなわないなら

サヨナラもえないで季節きせつぎて
何一なにひとつあのころわらないこの場所ばしょ
あつくもさえぎってもしんじていたのなら
ふぞろいで色褪いろあせてもおもいはつづけたのかな

しろくてまぶしいあさひかり
すべてをちがってせてしまうようで

かぜがめくった 花辞書はなじしょ1いちページ
花言葉はなことば キミとおな
つらかったんだね

アイシテルそれだけでなにもいらないのに
きになる努力どりょくなんか 一人ひとりよりさびしくて
あたたかい陽射ひざしをいつかかんじるとき
いまのどかわいたなられるまでなみだながそう

サヨナラもえないで季節きせつぎて
何一なにひとつあのころわらないこの場所ばしょ
あたたかい陽射ひざしをいつかかんじるとき
いまのどかわいたなられるまでなみだながそう