「サクラサク」の歌詞 北原愛子

2007/3/21 リリース
作詞
北原愛子
作曲
小澤正澄
文字サイズ
よみがな
hidden
ほんのりといろづく季節きせつ 目映まばゆひかりがして
足音あしおとかるくなり そっとかぜ背中せなか
あんなころがあったのだろう
おおきなランドセルをちいさな身体からだ背負せお
てないゆめていた

とおはなれたこのまち
ぼくらしく 精一杯せいいっぱい
自分じぶんけてしまわぬよう
ほこってみたいから

サクラサクころ 「元気げんきでいますか?ちゃんとべていますか?」
受話器じゅわきこうがわなみだ 気付きづかれぬように
サクラサクような 明日あすへの門出かどであゆ今日きょうという
昨日きのうよりきになれますように
自分じぶんをもっときになれますように

このまちにはたかいビルがなら
ひと ひと ひと
なにかのせいにしないときてはけないのだろう
昼休ひるやすみに ふと公園こうえんれば
どこかからなつかしいにおいがして
あのおもした

それぞれにえらんだみち
ともわした約束やくそく
さびしさにけてしまわぬよう
かがやける そのまで

サクラサクころ 「もしつかれたならかえっててもいんだよ」
かえ場所ばしょがあるから頑張がんばれる ぼくはまだかえれない
サクラサクような 人生じんせい門出かどである今日きょうという
昨日きのうよりきになれますように
自分じぶんをもっときになれますように