「river.」の歌詞 北原愛子

2006/11/1 リリース
作詞
Aiko Kitahara
作曲
Kenji Touma
文字サイズ
よみがな
hidden
あいわったとき
窮屈きゅうくつかんじたさえも
いとしさにわるのだろう
うしな気付きづくもの

きしめたび
その感触かんしょくれてはにぶ
近付ちかづぎてえなくなる
その表情ひょうじょう気持きも

そろそろリセットしよう われなくなるまえ
かぜになびかれて すべてをはな

ぼくたちはながれてく まるでそうさ the flowフロー ofオブ the riverリバー.
出会であったころにはもうかえれないけど いとしい

現実離げんじつばなれして
ゆめかたるのもたまには
ベクトルのさきひと
しんじた世界せかいになる

なんのためにきる?とか
だれかとくらべられてばかり
ひと完璧かんぺきじゃないから
ながされそうになる

なにわずそばにいる どんな言葉ことばよりあたたかい
そんなひと一番いちばんかけがえないとった

ぼくたちはながれてく まるでそうさ the flowフロー ofオブ the riverリバー.
いくらときぎても こころきみはなさない

ぼくたちはながれてく まるでそうさ the flowフロー ofオブ the riverリバー.
また季節きせつめぐって 二人ふたり景色けしきわっても
ぼくたちはながれてく まるでそうさ the flowフロー ofオブ the riverリバー.
いつまでもそばにいる これからも ずっと ずっと