「夜汽車」の歌詞 北島三郎

1989/9/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
すがるおまえ
しかりつけ
無理むりやりせた
終列車しゅうれっしゃ
むかえにくから
故郷こきょうそら
身体からだなおして
つがいい
ああ 夜汽車よぎしゃ
いそげ!
れたかおるのが
つらいから つらいから

ごめん ごめんな
そのかた
苦労くろう荷物にもつ
おもすぎた
親御おやごったら
つたえておくれ
おれ一言ひとこと
びてたと
ああ 夜汽車よぎしゃ
いそげ!
かず こころやすまる
そのまちへ そのまち

まど頬寄ほほよ
ねむったか
汽笛きてきとお
終列車しゅうれっしゃ
出世しゅっせしたなら
大手おおでって
まえもらいに
きっと
ああ 夜汽車よぎしゃ
いそげ!
すこしでも はやくその
るように るように