1. 時雨月歌詞

「時雨月」の歌詞 北島三郎

1993/9/21 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
原譲二
文字サイズ
よみがな
hidden
れてまくら
かわかぬうちに
こい半端はんぱ
三国越みくにご
みれんのこして
旅路たびじをゆけば
やま紅葉もみじあいだから
いて見送みおく
きみのような
時雨月しぐれづき

かぜかれて
かさなりった
落葉おちばみたいな
こいだから
義理ぎりそうと
指切ゆびきりしても
わかれまぎわの ためいき
うしろがみひく
たびになる
時雨月しぐれづき

こころつなげる
妻篭つまごあか
えぬつらさを
さそうだけ
たびねぐら
さすらい稼業ぐらし
むねつるした 似顔絵にがおえ
きみ一緒いっしょ
える木曽路きそじ
時雨月しぐれづき