1. 浪曲太鼓歌詞

「浪曲太鼓」の歌詞 北島三郎

1993/12/16 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
島津伸男
文字サイズ
よみがな
hidden
なにがなにして
なんとやら
うた文句もんくじゃ
ないけれど
男一匹おとこいっぴき この身体からだ
何処どここうと
ろうとも
なんのこの
未練みれんはないが
故郷くにのこした
ふくろにゃ
苦労くろう 苦労くろうのかけどお
“おっさーん”
馬鹿ばかなせがれが
ア、アンアーン…
びている

なにがなにして
なんとやら
いろはかるたじゃ
ないけれど
二度にどもどらぬ 人生じんせい
我身一人わがみひとりためにだけ
あるおとこ
なりたくないさ
かげしかって
えてゆく
無情むじょう 無情むじょう泪坂なみだざか
“おっさーん”
けはしないさ
ア、ア、アーン…
おれはやる

なにがなにして
なんとやら
浪花節なにわぶしでは
ないけれど
一度決いちどきめたら
やりとお
たとえ世間せけん
われども
なみだなんかは
だらしがないぜ
弱音よわねはいてちゃ
きられぬ
我慢がまん 我慢がまんゆめじゃない
“おっさーん”
いま花咲はなさ
ア、アン、アー…
はる