「花の生涯」の歌詞 北島三郎

1987/7/25 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
船村徹
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとなにかに
むときの
姿すがたがいちばん
うつくしい
これが仕事しごと
おとこめた
みち上下じょうげ
あるもんか
ながされながらも
ちからのかぎり
きる きる きる
それが それが それが
はな生涯しょうがい

たに紅葉もみじ
こぼれたつゆ
ながれて千曲ちくま
かわになる
他人ひとらない
なみだんで
明日あすにつなげる
今日きょう
そしられながらも
自分じぶんげず
きる きる きる
それが それが それが
はな生涯しょうがい

ひとまれて
こころてば
すててはゆけない
みちがある
つた小枝こえだ
ちぎれもするが
なんでれよう
なさいと
ひとつのいのち
きざんでけて
きる きる きる
それが それが それが
はな生涯しょうがい