「やぐるま岬」の歌詞 北川大介

2005/6/5 リリース
作詞
ちあき哲也
作曲
叶弦大
文字サイズ
よみがな
hidden
さむいのはむせ
霧笛むてきのせいじゃないさ
あてもなくりてみた
だまりこくった岬町みさきまち
こんな酒場さかば片隅かたすみ
面影一輪おもかげいちりん 矢車草やぐるまそう
どこをながれて いるものか
矢車矢車紫やぐるまやぐるまむらさき
はなかげりに せつなくかぶやつ

いたさにてるほど
ひとなどつよくないさ
ままならぬこい
らぬ他国たこく
よるは…
いきをかけたらりそうな
はかな一輪いちりん 矢車草やぐるまそう
晩春はるがここまで はこぶのか
矢車矢車やぐるまやぐるまくるくると
えばいたみが 過去きのうをしめつける

たびおなじだが
最果さいは一輪いちりん 矢車草やぐるまそう
だれ運命さだめ出遭であえたか
矢車矢車やぐるまやぐるまあれ以上いじょう
くらくするなよ このうえ