「淋しいね」の歌詞 北見恭子

1998/9/19 リリース
作詞
麻こよみ
作曲
大谷明裕
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれたあいつの
名前なまえをつけた
ねこんでみても
そばにもないわ
あいつのうそなら
づかぬふりで
らしてたら二人ふたり
つづいてたかしら・・・
おとこ上手じょうず
あそばせるには
わたしひら
せますぎたのよ
さみしいね さみしいね
おんなひとりで むなんて
ふるえるこのこころ
いますぐきしめて
ああ だれかそばにいてよ
えばうほどに
さみしいね

どこかであいつに
出遭であったとき
わたししょげてないと
つたえてちょうだい
夜空よぞらほしより
おとこはいるの
あいつよりももっと
いい人探ひとさがすわ・・・
おとこ上手じょうず
あそばせるには
わたしひら
せますぎたのよ
かなしいね かなしいね
愚痴ぐちさかなむなんて
わすれたつもりで
時々夢ときどきゆめにみる
ああ なぜかにくめなくて
えばうほどに
かなしいね
さみしいね さみしいね
おんなひとりで むなんて
ふるえるこのこころ
いますぐきしめて
ああ だれかそばにいてよ
えばうほどに
さみしいね