「切ない勇気」の歌詞 千堂あきほ

1994/8/10 リリース
作詞
坂田和子
作曲
鶴由雄
文字サイズ
よみがな
hidden
はなれていたって
二人出逢ふたりであったとき
まぶしいひとみ
まだおぼえてるよ
自分じぶんよわさに
そっといきついて
そんなに一人ひとり
くるしまないで
あぁ くやしいほど
そばにいたいけど
大丈夫だいじょうぶ とおくで
つめるから
ねぇ せつない勇気ゆうきいて
ゆめよりかがやいて
明日あしたは すべてが
はじまるから
ねぇ きずつく勇気ゆうきいて
まっすぐかがやいて
だれより笑顔えがお
あなたがき ずっと

フラれたはなし
かるいジョークにする
あのつよさを
そう くさないで
たとえばこのまま
二人逢ふたりあえなくたって
いつでもわたし
おもっているよ
あぁ 不器用ぶきようだと
だれかがっても
大丈夫だいじょうぶ まよわず
あなたでいて
ねぇ せつない勇気ゆうきいて
ゆめよりかがやいて
明日あしたなにかが
まれるから
いま かなしい気持きもちに一人ひとり
けてもかがやいて
しんじているから
あなたがき もっと
ねぇ せつない勇気ゆうきいて
ゆめよりかがやいて
明日あしたはすべてが
はじまるから
ねぇ きずつく勇気ゆうきいて
まっすぐかがやいて
だれより笑顔えがお
あなたがき ずっと