1. 螺旋の春歌詞

「螺旋の春」の歌詞 南條愛乃

2017/7/12 リリース
作詞
橋本由香利
作曲
橋本由香利
文字サイズ
よみがな
hidden
あたたかくかわいたかぜいてきてこずえいろづく
ほそくてれそうだったえだ いまではつぼみかかえてはる

去年きょねんとはなにちがうの? かえ木々きぎいかける
かさなりときすこしずつわって
それは有限ゆうげんのSpiral

まよっても わらっても あしたになればくでしょう
そうして 未来みらいつなげるためにはなびらもる

ただとおぎて つづいていく
またここにもどろう

あたたかなあめるのは 大地だいちへとそらおくるギフト
見上みあげてなみだざれば なぜだかこころうるおしてくる

ちいさな いのち欠片かけら おなじようにびるつるには
記憶きおくされた季節きせつ 螺旋らせんえがくdestiny
それは無限大むげんだいHelix

くるしくてまええないこともあるでしょう
それでも 未来みらいかってばすことやめないで

まよっても わらっても あしたになればくでしょう
そうして 未来みらいつなげるためにはなびらもる

いつかおも螺旋らせんはる
はじまりはここから