1. あとずさりする月日歌詞

「あとずさりする月日」の歌詞 南沙織

1977/4/1 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのにやら たぐりせられ
ほどけていく毛糸けいとにもているような
たよりない毎日まいにち
タイプをたたき おしゃべりをして
一日いちにちへのつじつまをわすの
月日つきひはだけどおなはやさで
ほそいとをほどきつづける
なにがあるとしんじてるのか
それがわたしにわかるのなら
つことだけでくらしてゆくのも
わるくないけど わるくないけど

うごくともないふねている景色けしきみたい
なにもかも
あとずさりしてえていく毎日まいにち
電話でんわとりつぎ かがみをのぞき
なんとなしに夕暮ゆうぐれになるのよ
いやでもむねはなやぐような
しらせなんてきそうもないの
なにがあるとしんじてるのか
それがわたしにわかるのなら
つことだけでくらしてゆくのも
わるくないけど わるくないけど