1. ご無沙汰歌詞

「ご無沙汰」の歌詞 南沙織

1975/4/21 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたから なに返事へんじもないままに
いつか季節きせつしろくなってるみたい
このままでいいのかもしれないなんて
りたノートをかえしそびれています

ひとりたびしてみても べつこたえはなくて
わかいことのいたみだけにしみました

あの手紙てがみ わすれてくださいね
あなたになついた小犬こいぬだれかにあげます

たわいなく おちゃんではおくられた
あんなはじめにかえるのは無理むりですね
あいなんて 文字もじでだけしからなくて
まねごとをしてよろこんでたのかしら

ひとりたびしてみても べつこたえはなくて
わかいことのいたみだけにしみました

からだにはけてください
きまった時間じかんべることだけはなさいね
わたし元気げんきでいるし いまもソウルにこって
友達ともだちとにぎやかにごしています

からだにはけてください
きまった時間じかんべることだけはなさいね